内閣府の予算要求、ムーンショット型研究開発制度の創設で新規30億円

 内閣府は、2019年度予算概算要求にて、重点施策の2番目の柱「成長戦略の加速」の中で、新規要求として「ムーンショット型研究開発制度の創設」(要求額は30億円)と「大学改革等によるイノベーション・エコシステムの創出」(同23億円)を盛り込んだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)