印刷する

閉じる

Umea大学、ALSでSOD1凝集体のプリオン病的挙動が進行に関与

(2018.09.13 08:00)1pt
大西淳子

 スウェーデンUmea大学の研究者らは、2018年9月4日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に形成されるSOD1蛋白質から成る凝集体を認識するポリクローナル抗体を作製し、SOD1凝集体がプリオン病のように異常な折り畳みを伝播して凝集体を増やし、ALSを進行させる可能性を示したと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み