厚労省医薬・生活衛生局、先駆け審査人員やGMP査察体制を強化へ

 厚生労働省医薬・生活衛生局は2019年度、医薬関係で、前年度予算比18億8000万円(20.8%)増の109億2700万円を概算要求した。うち、医薬品・医療機器の審査・承認、安全対策関連では、前年度予算比11億7300万円(135.9%)増の20億3600万円を要求した。医薬品・医療機器の審査・承認、安全対策関連で注目される事業は次の通り。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)