フランスGustave Roussy Cancer CampusのRoger Sun氏らは、腫瘍浸潤CD8細胞のラジオミックシグネチャーを構築、抗PD1/PD-L1免疫治療に対する反応の予測において有望であることを示した。詳細はLancet Oncology誌オンライン版に、2018年8月14日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)