英Manchester大学などの研究者らは、一卵性双生児で、一方のみが関節リウマチ(RA)患者である79ペアを対象に、エピゲノムワイド関連解析を行い、DNAメチル化変動がRAにおいて、また恐らくは他の自己免疫病においても重要な要因であることを示す結果を得て、Genome Medicine誌オンライン版に、2018年9月4日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)