米Pfizer社は2018年8月30日、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)患者を対象に実施している抗体医薬候補domagrozumab(PF-06252616)のフェーズII(B5161002)とその拡大試験(B5161004)の2本を終了すると発表した。主要評価項目を達成せず、副次評価項目を含めた総合的な評価でも、domagrozumabの有意な治療効果を証明することはできなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)