米国の東部ペンシルベニア州連邦地検は、2018年8月31日、英GlaxoSmithKline(GSK)社の元研究者(女性・48歳)が研究者仲間2人と共謀して同社企業秘密を不正入手・流出させたとする容疑を認めたと発表した。米連邦捜査局(FBI)の捜査で明らかになり、現在、連邦検事補による起訴手続きが行われている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)