経産省、2019年度概算要求で創薬基盤技術や遺伝子治療の産業化などを強化

 経済産業省の生物化学産業課は「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業」や「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業」など既存事業を強化するため、2019年度(平成31年度)の概算要求で要求額を増額した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)