日本生物工学会大会、19年ぶりの関西大学で開幕

 日本生物工学会の第70回大会が2018年9月5日、関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市)で開幕した。9月4日に関西地域を直撃した台風21号による停電の影響で、初日夕方開催の懇親会会場は変更されたが、科学プログラムは予定通り行われている。会期は9月7日までの3日間で1500人規模の参加を見込む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)