セルソース、テオリアとエクソソームの自由診療の普及目指す

 エクソソームの受託研究や研究用試薬の販売などを手掛けるテオリアサイエンス(東京・千代田、水谷隆之社長)と、細胞の加工受託製造の事業を手掛けるセルソース(東京・港、裙本理人社長)は2018年9月4日、事業提携を行うと発表した。テオリアサイエンスの取締役は、東京医科大学医学総合研究所の落谷孝広教授が務めている。2019年中にも、セルソースと提携している医療機関が、脂肪由来幹細胞から抽出されたエクソソームを利用した自由診療の治療を開始することを目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)