米Virginia Commonwealth大学(VCU)の研究チームは、歯周病に対する治療が、肝硬変患者、特に肝性能症患者の炎症とエンドトキシン血症を改善し、認知機能を改善する可能性を示した。非盲検非無作為化試験の結果は、2018年8月29日、American Journal of Physiology—Gastrointestinal and Liver Physiology誌オンライン版に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)