英University of Edinburgh MRC Centre for Regenerative MedicineのDavid Hay氏らの研究グループは、2018年8月28日、ヒト多能性幹細胞(hPSC)からin vitroで長期安定培養できる肝臓インプラントを作製し、in vivoで機能させることに成功したと発表した。同日、研究成果がArchives of Toxicology誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)