強い炎症シグナルに直面した細胞はしばしば、自身の細胞膜に穴を開け、細胞死に至る。このタイプの細胞死をピロトーシス(pyroptosis)と呼ぶ。米Case Western Reserve大学医学部の研究者たちは、necrosulfonamideがピロトーシスを強力に阻害することをin vitroとモデル動物を用いて示し、詳細を2018年8月24日、Science Immunolgy誌に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)