山梨県と東北大、林原、抗菌性資材を用いないブロイラー飼育にトレハロース

 長瀬産業グループの林原(岡山市北区)が独自酵素技術ででんぷんから生産している糖質トレハロースが、抗菌性資材を添加せずに育てるブロイラーの低コスト生産に寄与することが見いだされた。山梨県畜産酪農技術センター養鶏科の松下浩一主幹研究員が、2018年9月5日から東北大学(宮城県仙台市)で開催される日本家禽学会2018年度秋季大会で発表する。東北大学大学院農学研究科の喜久里基准教授や林原の社員が連名だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)