米AbbVie社の日本法人であるアッヴィは、2018年8月29日、事業説明会を開催。日本でもグローバル開発を推進しており、進行中の臨床試験のうち80%が国際共同試験であることを明らかにした(関連記事)。【訂正】当初の記事に成長をけん引している医薬品の1つを「ルボックス錠」(フルボキサミンマレイン酸塩)としておりましたが、「シナジス筋注液」(パリビズマブ)の誤りでした。おわびして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)