理研BDR、レム睡眠に必須のアセチルコリン受容体2種類を特定

「実験動物の飼育容量は筑波大睡眠WPIの10倍」と上田泰己TL
(2018.08.29 08:00)1pt
河田孝雄

 理化学研究所生命機能科学研究センター(理研BDR)合成生物学研究チームの上田泰己チームリーダー(本務は東京大学大学院医学系研究科教授)らは、レム睡眠に必須の2つの遺伝子を特定し、レム睡眠がほぼ無くなっても生存するマウスを作製した成果を、米Cell Reports誌(インパクトファクター8.282)にて2018年8月28日(ジャーナル発行の現地時間)に発表した。8月24日に文部科学省で開催した記者向け発表会では上田TLが成果を発表し、論文の筆頭著者3人の2番目である理研BDR網膜再生医療研究開発プロジェクトの神田元紀研究員も取材に応じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧