ベルギーargenx社は2018年8月22日、癌免疫療法薬候補の反復優位型糖蛋白質A(GARP)標的抗体ARGX-115について、共同開発パートナーである米AbbVie社が、2016年4月の契約に基づき全世界的独占権を取得することで合意したと発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)