ペプチドリーム、自社開発のインフル薬PD-001は2019年以降に臨床入り

 ペプチドリームは2018年8月24日、東証ホールで2018年6月期の決算説明会を開催した。登壇した金城聖文エグゼクティブ・ヴァイスプレジデントは、自社創製のインフルエンザ薬PD-001について「2019年以降に臨床試験を始める」と表明。同社独自のPDPS技術を用いて開発したバイオイメージング剤が「中長期的に見て非連続の成長をもたらす」との見通しを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)