米食品医薬品局(FDA)は、2018年8月16日、Scott Gottlieb長官の声明を発表。疾患の予防や治療、治癒を図るため、マイクロバイオーム(微生物叢)を用いた製剤の実用化に向け、科学や規制を前に進める考えを表明した。併せて、2018年9月17日、FDAと国立衛生研究所(NIH)の共催で、マイクロバイオーム製剤に関するワークショップを開催することも明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)