米Sirnaomics社は、2018年8月16日、米食品医薬品局(FDA)から、進行した肝内胆管癌(CCA)患者を対象に、抗癌/抗線維化siRNA薬であるSTP705を投与する臨床試験の開始許可を得たと発表した。同社の癌治療用製品の開発が臨床試験段階に入るのはこれが初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)