国立がん研究センター研究所ゲノム生物学研究分野の河野隆志分野長らは、2018年8月21日、通常型間質性肺炎(UIP)を合併している肺腺癌に特徴的な遺伝子変異を明らかにしたと発表した。東京医科歯科大学、関西医科大学などとの共同研究により見いだしたもので、2018年8月17日、研究成果がJournal of Clinical Oncology Precision Medicine誌オンライ版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)