神戸市と神戸大、バイオベンチャー創出に注力

 神戸市と神戸大学は、文部科学省が支援する「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に共同申請し、2017年度に採択された。両者は2018年8月20日、同プロジェクトのキックオフシンポジウムを神戸市で開催。神戸大は、切らないゲノム編集や長鎖DNA合成、in vitroのヒト腸管モデルの技術をコアとして、事業化をさらに進める方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)