協和発酵キリンは、2018年8月16日、同社が製造・販売している持続型赤血球造血刺激因子製剤「ネスプ注射液」(ダルベポエチンアルファ(遺伝子組換え)製剤)の後発医薬品で、子会社の協和キリンフロンティアが承認申請していた「ダルベポエチン アルファ注シリンジ『KKF』」について、8月15日付で承認を取得したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)