テラは、2018年8月10日、同社の資金調達に関与していたGFA Capital(東京・港、高木良代表取締役)とのファイナンシャル・アドバイザリー・サービス契約が取締役会の承認を得ないで締結されていた疑いがあることや、矢崎雄一郎社長による今春の株式売却がインサイダー取引に該当する可能性があることなどについて、第三者委員会を設置して調査を行うと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)