自家培養軟骨を開発するHistogenics社、他家細胞の開発にも意欲

 米Histogenics社は、変形性関節症による軟骨損傷を対象とした自家培養軟骨「NeoCart」の実用化を目指すベンチャー企業だ。同社は2017年12月、メディネットとライセンス契約を締結したことを発表。メディネットが今後、日本でNeoCartの開発と販売を行う。2018年7月20日、Histogenics社のAdam Gridley最高経営責任者(CEO)と同社の技術顧問である米Harvard Medical School付属のBrigham and Women’s Hospital(BWH)Assistant Professorの水野秀一氏が本誌の取材に応じ、同社の今後の開発パイプラインの展望などを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)