シンバイオ、適応拡大や新剤形開発でライフサイクルマネジメント

 シンバイオ製薬は、2018年8月8日、2018年度第2四半期の決算説明会を開催。殺細胞性の抗腫瘍薬である「トレアキシン」(ベンダムスチン塩酸塩、凍結乾燥注射剤)の凍結乾燥注射剤について、再発・難治性中高悪性度非ホジキンリンパ腫(DLBCL)への適応拡大に向けて実施しているフェーズIIIなど、「開発品にかなりの進捗があった」と吉田文紀社長兼CEOはコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)