インテグリカルチャー、人工培養肉の生産コストを2000ドル/kgに削減

 独自の細胞培養技術で培養肉を開発しているインテグリカルチャー(東京・文京)は、人工培養肉の生産コストを2000ドル/kgにまで引き下げことに成功した。今後プラントメーカーなどと協力して大量生産技術を開発することで、2026年ごろまでには生産コストを2ドル/kgに引き下げることを目指す。同社の羽生雄毅社長が、「Smart Kitchen Summit Japan 2018」(2018年8月8日、9日:主催シグマクシス)で明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)