米研究者ら、気道上皮に新型の細胞“肺イオノサイト”を発見

嚢胞性線維症の治療標的細胞となる可能性
(2018.08.09 08:00)1pt
川又総江

 ヒトとマウスの気道上皮で、これまで存在すら知られていなかった新しい型の細胞が発見された。「肺イオノサイト:pulmonary ionocytes」と名付けられた1%程度しか存在しない希少細胞で、遺伝性疾患である嚢胞性線維症に深く関与している可能性が示された。米Massachusetts General HospitalのJayaraj Rajagopal氏ら、並びに米Harvard Medical School(HMS)のAllon M. Klein氏らと米Novartis Institute for BioMedical Research(NIBR)のAron B. Jaffe氏ら共同研究グループがそれぞれ独自に同定した。2018年8月1日のNature誌オンライン版で、双方の研究成果が発表された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧