自己免疫疾患の1つである円形脱毛症で活性が亢進しているIKZF1(IKAROS Family Zinc Finger 1)遺伝子が、癌免疫療法の治療成績向上の鍵となる可能性が報告された。米Columbia University Irving Medical Center(CUIMC)のAngela M. Christiano氏らのグループが行った研究成果で、マウスを用いた実験による概念実証(POC)に成功した。2018年6月27日、Cell Systems誌オンライン版に論文が掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)