米Columbia大学、脱毛遺伝子が癌免疫療法の有効性を引き出す!?

有効性や予後の予測マーカーとしても有用
(2018.08.08 08:00)1pt
川又総江

 自己免疫疾患の1つである円形脱毛症で活性が亢進しているIKZF1(IKAROS Family Zinc Finger 1)遺伝子が、癌免疫療法の治療成績向上の鍵となる可能性が報告された。米Columbia University Irving Medical Center(CUIMC)のAngela M. Christiano氏らのグループが行った研究成果で、マウスを用いた実験による概念実証(POC)に成功した。2018年6月27日、Cell Systems誌オンライン版に論文が掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧