ハウス食品Gが乳酸菌市場に本格参入、2020年度70億円へ

 ハウス食品グループが、2018年8月に新製品を発売し、乳酸菌市場に本格参入する。2018年3月期で年3億から4億円程度の乳酸菌事業を、第6次中期経営計画の最終年度である2021年3月期に70億円、第7次中期経営計画の最終年度の2024年3月期に100億円へと伸ばす。芝浦工業大学豊洲キャンパス(東京・江東)で2018年8月2日に開催した「乳酸菌フォーラム2018」で、ハウスウェルネスフーズ乳酸菌事業部の曽我恒太郎部長が発表した。ハウス食品グループで健康食品事業分野を担うハウスウェルネスフーズは2013年4月、マーケティング本部に乳酸菌事業部を新設した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)