ドイツCologne大学のCluster of Excellence for Aging Research(CECAD)の研究者たちは、ハンチントン病(HD)患者由来のiPS細胞などを用いて、ユビキチンリガーゼUBR5が、HDを引き起こす、有害な蛋白質凝集体の形成を阻害することを明らかにした。研究の詳細はNature Communications誌オンライン版に、2018年7月23日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)