徳島大石澤研、ビッグデータ活用したドラッグリポジショニングで成果

 徳島大学大学院医歯薬学研究部臨床薬理学分野の石澤啓介教授や座間味義人准教授らの研究グループは、レセプト(診療報酬明細書)や副作用データベースなど医療関連のビッグデータを活用することで既存承認薬の新しい薬理作用を探索するドラッグリポジショニングの研究を精力的に進めている。このほど、心肺停止患者における生存率を向上させる候補として、ニトログリセリンなど3つの既存薬剤を見いだした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)