京大病院、他家iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の医師主導治験を開始へ

 京都大学医学部附属病院、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、2018年7月30日、CiRA臨床応用研究部門の髙橋淳教授らの研究チームが開発し、大日本住友製薬と共同研究している、パーキンソン病に対する他家iPS細胞由来ドパミン前駆細胞の医師主導治験を、2018年8月1日から開始すると発表した。2018年6月4日付で医薬品医療機器総合機構(PMDA)に治験届を提出していた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)