米Sarepta Therapeutics社は2018年7月25日、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)患者対象の遺伝子治療(AAVrh74.MHCK7マイクロジストロフィン)のフェーズI/IIa(NCT02710500)が差し止めになったことを明らかにした。7月24日、同試験を行っている米Nationwide Children's HospitalのResearch Instituteが米食品医薬品局(FDA)から通告文書を受け取った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)