英GlaxoSmithKline(GSK)社は2018年7月25日、2018年第2四半期の業績を発表した。研究開発部門では、免疫システムに関連する創薬研究の成果を強調し、遺伝子データを利用する開発戦略や革新的技術への投資など、新しいアプローチを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)