英GlaxoSmithKline(GSK)社と米23andMe社は、2018年7月25日、23andMe社が保有する遺伝情報と表現型の情報を活用し、有用な創薬標的を探索するため協力すると発表した。契約期間は4年間。ただ、GSK社は契約を延長するためのオプション権を保有し、創薬標的発見プログラムにおいて23andMe社の独占的なパートナーになる場合には、契約期間を5年に延長することが可能だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)