政府のゲノム医療実現推進協議会は2018年7月20日、ゲノム医療実現に向けて2017年度の取り組み状況と課題について議論した。事務局は、7月中に内容を報告書として取りまとめ、公表する方針だ。また課題として指摘された事項については、2018年11月にもゲノム医療実現推進のためのアドバイザリーボードを設置して、今後の取り組み方策を取りまとめる予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)