癌ゲノム医療向けパネル検査とコンパニオン診断薬の違いは?

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)体外診断薬審査室の矢花直幸室長は、2018年7月26日、「SCRUM-Japan成果報告会 2018」で講演し、癌領域で増加しているコンパニオン診断薬(CDx)と、国内で開発が活発化している癌ゲノム医療に使う遺伝子パネル検査について、検査結果の活用の在り方や審査における評価項目の違いなどを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)