中外製薬、PD-L1抗体の効果予測でリキッドバイオプシーに期待

 中外製薬は、2018年7月26日、2018年12月期第2四半期の決算説明会を開催。同社が2018年5月に発売を開始した、インヒビターを保有する血友病A患者を対象とした「ヘムライブラ」(エミシズマブ)の売り上げや2018年12月期通期の売り上げ予想などを示した。また、同社は同日、人工知能(AI)を利用した深層学習などに強みを持つPreferred Networks(東京・千代田、西川徹社長、PFN)との提携を発表した

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)