広島大の二川教授のL8020乳酸菌に「口腔内環境」の機能性表示

 広島大学大学院医歯薬保健学研究科の二川浩樹教授らが開発した虫歯・歯周病菌対策のLactobacillus rhamnosus KO3株(L8020乳酸菌)に、2018年9月ごろから機能性表示食品の表示が行われる。四国乳業(愛媛県東温市)が消費者庁にL8020乳酸菌を用いたヨーグルト「8020ヨーグルト」について、機能性表示食品の届け出を行った(届出番号:D28、届出日:2018年5月29日)。消費者庁が7月20日に公表した。二川教授は、歯磨きができないのに虫歯や歯周病の無い患者に出会い、虫歯菌や歯周病菌を減少させる効果がある乳酸菌の存在を発見した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)