駒込病院、肝硬変へPRISM PharmaのPRI-724のフェーズI/IIa開始へ

 PRISM Pharma(神奈川県横浜市、竹原大代表取締役)が大原薬品工業とライセンス契約を締結したWnt/βカテニン阻害薬のPRI-724の、肝硬変に対する開発は、医師主導治験を中心に進められてきた。その医師主導治験を担当したのが、がん・感染症センター都立駒込病院肝臓内科の木村公則部長らだ。開発の経緯について、2018年7月4日、木村部長が本誌の取材に応じた(関連特集)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)