米Pfizer社と米Eli Lilly社は、2018年7月18日、変形性関節症(OA)を対象に、神経成長因子(NGF)を阻害するヒト化モノクローナル抗体であるtanezumabを投与するフェーズIIIの二重盲検無作為化試験で、主要エンドポイントを達成し、疼痛軽減効果が認められたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)