英Wellcome Sanger InstituteのAllan Bradley氏らは、CRISPR/Cas9システムによる遺伝子編集の精度に不安を抱かせる研究結果を報告した。これまで何度も指摘され、改良が続けられているオフターゲット領域の編集ではなく、標的部位の近傍、すなわちオンターゲット領域に、予期せぬ欠失や再構成が生じる可能性を示した論文を、Nature Biotechnology誌オンライン版に、2018年7月16日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)