内閣府は、官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)の100億円の予算配分先を決定した。今後、内閣府から各省へ予算の移し替えが行われ、研究開発などが実施される。健康・医療・介護分野では、カルテ・患者日誌等の臨床記録のデータベースへの取り込みに係る技術開発(文部科学省)、肺癌などの症例データベースの構築およびAIを活用した創薬ターゲットの探索(厚生労働省・医薬基盤・健康・栄養研究所、文部科学省文科省・理化学研究所)などに予算を追加配分する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)