乳酸菌学会で東農大に300人超、森乳や明治、雪印など発表

 2018年7月13日から14日に東京農業大学世田谷キャンパス(東京・世田谷)で日本乳酸菌学会2018年度大会が開催された。大会実行委員長は、東京農業大学応用生物科学部の五十君静信教授が務めた。200人ぐらいと予想していたが、300人を超えたことが、閉会のあいさつで紹介された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)