神戸大松尾名誉教授、第一三共の核酸医薬DS-5141bのPI/II結果に見解

 2018年7月9日から福岡市で開かれていた日本核酸医薬学会第4回年会の臨床をテーマとしたシンポジウムで、神戸大学の松尾雅文名誉教授が講演。第一三共がデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に対して開発している核酸医薬のDS-5141bのフェーズI/IIの結果について見解を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)