東京大、GVHDに対する臍帯由来MSCの医師主導治験を開始

将来的に日本トリム傘下のヒューマンライフコードが企業治験を実施予定
(2018.07.18 08:00)1pt
高橋厚妃

 東京大学医科学研究科附属病院のセルプロセッシング・輸血部の長村登紀子准教授らの研究グループは、2018年7月17日、重症急性移植片対宿主病(GVHD)の患者を対象に臍帯由来間葉系幹細胞(MSC)の医師主導治験のフェーズIを開始すると発表した。同医師主導治験で安全性の確認とproof of concept(POC)を確立した後は、日本トリム傘下のヒューマンライフコード(東京・千代田、原田雅充社長)が再生医療等製品として臍帯由来MSCの企業治験を進め、承認申請を目指す予定だ(関連記事)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧