国がんと量研放医研、悪性脳腫瘍に対する放射線治療薬で医師主導治験

 国立がん研究センターと量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所(量研放医研)は2018年7月17日、悪性脳腫瘍に対する放射線治療薬「64Cu-ATSM」を共同で開発し、2018年7月から医師主導治験(フェーズI)を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)