米Massachusetts工科大学(MIT)などの研究者らは、IL15・スーパーアゴニスト複合体を含む架橋ナノゲルを用いて、T細胞療法の有効性を高め、毒性を低減する方法を開発し、マウスでその有用性を示した。詳細はNature Biotechnology誌オンライン版に、7月9日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)