カナダMcMaster大学などの研究者らは、カイネチンとして知られるN6-furfuryladenine(N6FFA)がハンチントン病(HD)に対する薬物療法の開発につながる重要な分子であることを明らかにした。研究結果は、2018年7月9日にPNAS誌オンライン版で報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)